社会社会shakai

  • 印刷
渡り初めする車両と見送る地元住民ら=豊岡市日高町久斗
拡大
渡り初めする車両と見送る地元住民ら=豊岡市日高町久斗

 兵庫県豊岡市と丹波市を結ぶ「北近畿豊岡自動車道」の日高神鍋高原インターチェンジ(IC、豊岡市)-八鹿氷ノ山IC(養父市)間が25日、開通した。新たにICができた豊岡市日高町で記念式典などが開かれ、地元住民らが延伸を祝った。

 同自動車道は全長約70キロ。新区間は9・7キロで、県南部から豊岡市までの所要時間は約10分短くなった。

 式典では、末松信介国土交通省副大臣が「自然をはじめ但馬にはたくさんの宝物がある。多くの人に訪れてほしい」とあいさつ。井戸敏三県知事も「全区間の1日も早い開通に向け、今後も熱意を持って働き掛けていく」と話した。

 その後、本線上でテープカットがあり、車約40台が渡り初めをした。(阿部江利)

社会の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • -1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ