社会社会shakai

  • 印刷
兵庫県弁護士会所属の堀江幸弘弁護士が虚偽の判決文を作成していたことを説明する兵庫県弁護士会の米田耕士会長(中央)ら=神戸市中央区、神戸司法記者クラブ
拡大
兵庫県弁護士会所属の堀江幸弘弁護士が虚偽の判決文を作成していたことを説明する兵庫県弁護士会の米田耕士会長(中央)ら=神戸市中央区、神戸司法記者クラブ

 兵庫県弁護士会所属の堀江幸弘弁護士(37)が、民事訴訟の判決文を2通偽造し、依頼者に送っていたことが28日、分かった。提訴の手続きを怠ったのがばれないよう偽造したとみられ、同会は同日、綱紀委員会に調査を求めた。

 堀江弁護士は2012年11月に同会に登録。今年3月20日まで同県加西市の法律事務所で、「大槻」との姓で活動していた。現在は神戸市中央区に個人事務所を置き、「堀江」に改姓している。

 同会によると、堀江弁護士は13年7月ごろ、土地所有権の名義変更を求める訴訟を依頼されたが、提訴手続きを放置。依頼者に判決文を提示するため、パソコンで偽造し、今年3月10日ごろ、依頼者らにファクスで送信したという。

 偽造された判決文は2通あり、それぞれ神戸地裁社支部と大阪高裁の実在する裁判官名が記載されていたが、書記官名や印鑑はなかった。

 依頼者は3月中旬、同支部で訴訟が起こされず、判決文も存在しないことを確認。堀江弁護士も23日、同会の米田耕士会長(60)に報告し、問題が発覚した。同会によると、「なかなか手が付けられず、(依頼者に)虚偽の説明を繰り返すうちに偽造してしまった」と説明し、神戸地検に判決文を偽造したことを申し出たと話しているという。

 米田会長らは28日に会見し、「司法の根幹を揺るがす重大な事態で、深くおわびする」と謝罪。堀江弁護士は依頼者から着手金を受け取っていたが、同会は「返還したかどうかは答えられない」としている。

社会の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ