社会社会shakai

  • 印刷
B-1西日本大会の明石開催決定を喜ぶ「あかし玉子焼ひろめ隊」のメンバーと泉房穂市長(前列右)=2017年2月、明石市役所
拡大
B-1西日本大会の明石開催決定を喜ぶ「あかし玉子焼ひろめ隊」のメンバーと泉房穂市長(前列右)=2017年2月、明石市役所

 ご当地グルメを通じたまちおこしイベント「B-1グランプリ」西日本大会の実行委員会が13日、兵庫県明石市中崎1の同市役所であり、11月25、26日に兵庫県立明石公園で開くことを決めた。

 「B-1」は2006年に始まり、11年には姫路市で第6回大会を開催した。西日本大会は昨年11月、大分県佐伯市で初めてあり、2日間で23団体が参加し9万8千人の来場者を集めた。明石市の「あかし玉子焼ひろめ隊」は、ブロンズグランプリ(3位)に入った。また昨年12月、20万人が入場した「B-1グランプリスペシャル」(東京)には57団体が参加。「ひろめ隊」などで構成する明石市がグランプリに輝いている。

 「B-1」では、開催地の団体は投票対象外。明石開催の西日本大会では、「ひろめ隊」はホスト役として参加する。同市は事前イベントなどを通じ、まちのPRにつなげていくという。(吉本晃司)

社会の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ