社会社会 shakai

  • 印刷
動画一覧へ
神戸山口組から離脱した組長らが集まった組事務所周辺では、報道陣や捜査員が待機した=30日午後、尼崎市東難波町
拡大
神戸山口組から離脱した組長らが集まった組事務所周辺では、報道陣や捜査員が待機した=30日午後、尼崎市東難波町
古川組事務所に姿を見せた織田絆誠・山健組副組長=30日午後、尼崎市東難波町
拡大
古川組事務所に姿を見せた織田絆誠・山健組副組長=30日午後、尼崎市東難波町

 指定暴力団神戸山口組(本拠地・兵庫県淡路市)から複数の直系組長が離脱し、新組織「任俠団体山口組」を設立したことが30日分かった。離脱派が同日、尼崎市内で記者会見を開いた。神戸山口組は事実上の分裂状態となった。指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)と三つどもえの対立になる恐れがあり、警察庁は近く、兵庫県警などの担当幹部を集めた緊急会議を東京で開き、警戒と情報収集に全力を挙げる。

 捜査関係者らによると、新組織の代表には、神戸山口組の中核団体「山健組」(神戸市中央区)の副組長(50)が就いた。

 会見のあった尼崎市の組事務所周辺には、報道関係者ら約70人が詰め掛けた。会見では離脱理由について「本来の山口組に戻すために立ち上がった神戸山口組だったが、実態は何も変わらなかった」などと説明した。

 一方、神戸山口組は離脱組員らに対し処分を当面猶予し、復帰を促しているという。分裂前の直系組長は25人、構成員は約2600人。

 今後、暴力団対策法の規制対象に指定するかが焦点となる。新組織を「指定暴力団」とする場合は、指定までの間、抗争時の事務所使用制限や不当要求に対する中止命令を出せない。2015年8月に神戸山口組が山口組から分裂した際は、指定までに約8カ月を要した。

社会の最新

天気(2月20日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 20%

  • 11℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 9℃
  • 30%

お知らせ