社会社会shakai

  • 印刷

 神戸大(神戸市灘区)は9日、1年間で約150時間、業務用パソコンでアダルトサイトを閲覧したとして、50代の男性事務職員を停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同大によると、2016年12月に別の職員から「勤務中にアダルトサイトを見ている」と情報提供があり、調査員会を設置。パソコンの閲覧履歴やアクセス記録を解析したところ、15年11月~16年12月、勤務時間内に約120時間、時間外に約30時間、サイトを閲覧していたことが明らかになったという。

 男性職員は「ストレス発散のためだった。大変申し訳ない」と話しているという。サイト閲覧によるウイルスの感染や情報流出、料金の請求などはないという。同大の水谷文俊副学長は「誠に遺憾であり、厳しい態度で懲戒処分を行った」としている。(井上 駿)

社会の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 3℃
  • 50%

  • 16℃
  • 6℃
  • 20%

  • 16℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ