社会社会shakai

  • 印刷
もこもこしたヒツジの毛を刈る園児と学園生ら=県立神出学園
拡大
もこもこしたヒツジの毛を刈る園児と学園生ら=県立神出学園

 全寮制のフリースクール「兵庫県立神出学園」(神戸市西区)で17日、飼っているヒツジ「メイプル」と「ホイップ」の毛刈りがあった。招かれた神出保育園の園児19人は、すっきりと夏の装いになった2頭に歓声を上げた。

 神出学園は、不登校などを経験した中学の卒業生から23歳未満までを受け入れ、農業や動物の飼育などで自立を図る。園児と一緒の毛刈り体験は1998年から毎年行っている。

 「めぇー」と鳴いたり、暴れたりするヒツジを心配そうに見守る園児たち。学園生と一緒にバリカンを持ち、毛を刈られるヒツジに「頑張れー」と声援を送った。身軽になって元気にはしゃぐヒツジを見て、園児たちは「良かったね」と笑顔。刈り取られた毛の重さは2頭で計約7キロもあった。茨木佑斗君(5)は「毛がふわふわだった。ヒツジが涼しそうになって良かった」。

 刈った毛は学園生が洗い、コースターや人形などに仕上げ、学園祭や地域の祭りで展示・販売するという。(村上晃宏)

社会の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ