社会社会shakai

  • 印刷
「神戸港繁栄の鐘」を打ち鳴らす久元喜造市長(右)とマリンメイトの福谷遥さん=18日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・斎藤雅志)
拡大
「神戸港繁栄の鐘」を打ち鳴らす久元喜造市長(右)とマリンメイトの福谷遥さん=18日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・斎藤雅志)

 神戸港開港150年目を迎えた街を彩る「第47回神戸まつり」(神戸新聞社など後援)が18日、神戸・メリケンパークの神戸海洋博物館で開幕した。快晴の下「港の行事」があり、「神戸港繁栄の鐘」を港湾関係者らが打ち鳴らした。

 同行事は、神戸市民祭協会や神戸港振興協会が主催する。鐘突きに先立ち、館内で「みなと繁栄安全祈願祭」を開催。約150人が出席し、神戸市須磨区の綱敷天満宮の神職が神事を執り行った。

 その後、港を望む屋上に上がり、久元喜造市長や同館マリンメイトの福谷遥さん(29)らが高らかに鐘の音を響かせた。久元市長は「雲一つない天気で良いスタートが切れた。開港150年の特別な年。たくさんの人に楽しんでもらいたい」と話した。

 まつりは18~21日、三宮・元町一帯で繰り広げられる。19日に開港150年を記念した「懐古行列」、20日に各区のまつりがあり、21日のメインフェスティバルではパレードやステージイベントが展開される。(上杉順子)

社会の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 18℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ