社会社会shakai

  • 印刷
近畿市長会総会に出席した2府4県の市長ら=淡路市夢舞台
拡大
近畿市長会総会に出席した2府4県の市長ら=淡路市夢舞台
開催市を代表してあいさつする門康彦淡路市長=淡路夢舞台国際会議場
拡大
開催市を代表してあいさつする門康彦淡路市長=淡路夢舞台国際会議場

 近畿2府4県の市長が情報を共有し、国への要望をとりまとめる第124回近畿市長会総会が18日、兵庫県淡路市の淡路夢舞台国際会議場で開かれた。

 加盟する111市のうち91市の市長らが参加。淡路島内での開催は1999年の洲本市以来18年ぶりで、淡路市では初めて。

 冒頭、議長を務めた門康彦淡路市長が「淡路島は御食国と呼ばれる食材の宝庫で観光スポットも数多い。この機会に島を堪能してほしい」とあいさつした。

 総会では、ふるさと納税の制度見直しを含む都市行財政制度の改善や、幼児教育の無償化などを求める社会福祉・公的扶助制度に関する要望など、7議案を採択。2025年の国際博覧会(万博)の大阪・関西誘致に積極的に取り組むことなども確認した。

 決議案は6月7日に東京である全国市長会総会で審議され、国に要望される。(内田世紀)

社会の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ