社会社会shakai

  • 印刷
神戸市垂水区の「たるみっこまつり2017」のメインステージで踊るチアダンスチーム=20日午前(撮影・風斗雅博)
拡大
神戸市垂水区の「たるみっこまつり2017」のメインステージで踊るチアダンスチーム=20日午前(撮影・風斗雅博)

 神戸港開港150年目を迎えた街を彩る「第47回神戸まつり」(神戸新聞社など後援)は20日、神戸市内9区ごとに区まつりが始まった。ダンスや和太鼓、吹奏楽演奏をはじめ、開港150年目にちなんだブースなども並び、大勢の市民らが参加した。

 この日は朝から気温が上昇し、会場も熱気に包まれた。神戸地方気象台によると、午前11時までに兵庫県内は20地点中、豊岡や姫路など13地点で25度以上の「夏日」に。同気象台が熱中症対策を呼び掛けている。

 垂水区の「たるみっこまつり2017」は午前10時、マリンピア神戸で開幕。メインステージにチアダンスや和太鼓のチームが次々と登場すると、詰め掛けた来場者約300人は手拍子などで盛り上がった。同区の乙木小6年坂部日美さん(11)はバトントワリングチームで出演。「5カ月練習してきたので緊張しなかった。楽しかった」と笑顔だった。

 区まつりは同日夜まで。21日は三宮でメインフェスティバルがある。(阪口真平、小林伸哉)

社会の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 25℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 27℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ