社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で歴代3社長の無罪が決定し、刑事裁判は責任の所在を明らかにしないまま幕を閉じる。強制起訴で始まった裁判だが、組織の幹部を処罰する難しさを浮き彫りにした。

 検察審査会の起訴議決を受けた指定弁護士による強制起訴は、2001年7月に起きた明石歩道橋事故で業務上過失致死傷罪に問われた明石署元副署長が1例目。公訴時効の成立を認め「免訴」とした一、二審判決が昨年7月、確定した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ