社会社会shakai

  • 印刷

 「106人もの乗客が亡くなった事故の刑事責任を誰も問われない。そんなことがあっていいのか」。2012年7月の初公判以降、遺族らが何度となく繰り返してきた危惧が、現実のものとなった。

 運転士が死亡し、山崎正夫元社長の無罪判決が確定しても、ぬぐいきれない憤り、わだかまり、悲しみ。「民意」によって強制起訴された3社長の裁判には、さまざまな思いが注ぎ込まれた。しかし、山崎元社長の公判と同じようなやりとりで、過失の認識が否定され続けた。

社会の最新
もっと見る

天気(7月25日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 34℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ