社会社会shakai

  • 印刷
遺産分割をめぐる損害賠償請求訴訟が開かれた神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
遺産分割をめぐる損害賠償請求訴訟が開かれた神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 訴訟の準備書面に「馬鹿馬鹿しい」「インチキな連中」などと、訴訟相手を中傷する文言を記載したとして、兵庫県弁護士会は14日までに、神戸市中央区に事務所を置く男性弁護士を戒告の懲戒処分とした。処分は13日付。

 男性弁護士は2016年1月に和解した遺産分割をめぐる損害賠償請求訴訟で、準備書面に「証拠があるなら、出してみろ」「でっち上げの大嘘である」などと不適切な文言を記載した。

 県弁護士会は「弁護士としての品位を失うべき非行に該当する」と判断した。

 男性弁護士は1988年に県弁護士会に登録。先物取引などの投資被害やリース被害などの弁護に力を入れている。

社会の最新
もっと見る

天気(6月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ