社会社会shakai

  • 印刷
JR明石駅のホーム柵設置で会見する(右から)障害者団体の浅生晴彦さんと松本幸雄さん、泉房穂明石市長=明石市役所
拡大
JR明石駅のホーム柵設置で会見する(右から)障害者団体の浅生晴彦さんと松本幸雄さん、泉房穂明石市長=明石市役所
2019年度にも昇降式ホーム柵が設置されるJR明石駅=明石市大明石町1
拡大
2019年度にも昇降式ホーム柵が設置されるJR明石駅=明石市大明石町1

 JR西日本が明石駅に整備を予定しているホームの安全策について、兵庫県明石市は15日、昇降式のホーム柵が2019年度中にも設置されると、発表した。障害者団体による署名活動や、同市の事業費一部負担の迅速な予算化などで優先的に整備されることになる。乗降者数の多い神戸駅や姫路駅よりも先に設置されるという。

 市によると、ホーム柵を整備するのは新快速、特急が停車し、貨物が通過する3、4番線。車両のタイプによってドアの位置や車両数が異なるため、六甲道駅(神戸市灘区)と同様の昇降式になる。ホーム柵の長さは現在、神戸線で運行されている最も長い連結の新快速に合わせ、12両分を予定。17年度中に設計し、18、19年度に工事、19年度末にも利用を始めたいという。

 設計費は約3500万円、工事費は約11億円と想定。国とJR西が3分の1ずつを負担し、残りを県と市が6分の1ずつ負担する。

 同市内の視覚障害者団体などは昨年11、12月に署名活動を行い、1万1308人分をJR西に提出するなど、設置への要望を働きかけていた。

 普通、快速電車が停車する1、2番線の整備時期は未定。同市は西明石駅などの整備とともに引き続き、設置要望を続ける。(吉本晃司)

社会の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ