社会社会shakai

  • 印刷
神戸・三宮の店舗を回り、暴力団排除への協力を求める捜査員=16日午後、神戸市中央区北長狭通5
拡大
神戸・三宮の店舗を回り、暴力団排除への協力を求める捜査員=16日午後、神戸市中央区北長狭通5

 暴力団一掃に向けて歓楽街を警戒する兵庫県警の「歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)」で、暴力団によるあいさつ(みかじめ)料の徴収を防ぐために飲食店を集中的に訪問する特命班が始動した。

 7月末までに、神戸・三宮と阪神尼崎駅周辺の飲食店など約1万店の調査を目指す。特命班は「暴力団関係者から金銭を要求されたことはありませんか」などと尋ねながら、暴力団からの圧力に困る店主らの声を集め、摘発につなげる。

 捜査員は、東京・銀座であいさつ料名目で現金を脅し取ろうとした指定暴力団山口組系組員が逮捕された事件も引き合いに、防犯指導にも取り組む。

 暴力団を巡るトラブルや相談は、各警察署や暴力団追放兵庫県民センター(TEL078・362・8930)で受け付けている。

社会の最新
もっと見る

天気(6月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ