社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸市のコンテナヤードで見つかり、ヒアリと特定された個体=神戸市役所(撮影・小川晶)
拡大
神戸市のコンテナヤードで見つかり、ヒアリと特定された個体=神戸市役所(撮影・小川晶)
コンテナヤードで行われたヒアリの調査=神戸市中央区(環境省提供)
拡大
コンテナヤードで行われたヒアリの調査=神戸市中央区(環境省提供)
強い毒を持つ特定外来種のヒアリ(環境省提供)
拡大
強い毒を持つ特定外来種のヒアリ(環境省提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県尼崎市内のコンテナから国内で初めて見つかった強い毒を持つ特定外来生物「ヒアリ」について、神戸市は18日、このコンテナが保管されていた同市中央区のポートアイランドのコンテナヤード「PC18」(約14ヘクタール)でも約100匹の生息が確認された、と発表した。同市は対策本部を設置して周辺の調査を進めるとともに、市民に注意を呼び掛けている。

 環境省は今月13日、尼崎市内のコンテナから大量のヒアリと卵が見つかったと発表。中国・南沙港から運び込まれたコンテナで、5月20~25日にPC18で保管後、尼崎に移されていた。ヒアリは南米原産で、体長約2・5~6ミリ。刺されると、体質によっては呼吸困難などの急性アレルギー反応が起きる。

 今月16日、環境省などによるPC18の現地調査で、このコンテナが置いてあった位置から20~30メートル離れた付近にヒアリのような個体がいるのを確認。アスファルトにある3カ所の亀裂に群がっており、数匹を鑑定した結果、18日にヒアリと特定した。

 神戸市によると、繁殖の母体となる女王アリはいなかった。全て駆除したといい、PC18にまとまって生息している可能性は低いとみている。また担当者は、尼崎で見つかったヒアリとの関係について「同じグループかどうかは断定できない」とした。

 神戸市は18日、幹部職員約20人による対策本部会合を開催。周辺地域での緊急調査の実施▽南沙港からの貨物の重点チェック▽市民、港湾事業者への注意喚起と積極的な広報-などを確認した。

 本部長の久元喜造市長は、関係機関と連携する必要性を強調するとともに「機敏、迅速かつ冷静に対応し、市民の安全を確保していかなければならない」と話した。(小川 晶)

社会の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ