社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県選挙管理委員会は19日、県知事選の告示翌日の16日~18日の3日間で、期日前投票者数が2万8831人に上った、と発表した。有権者総数に占める割合は0・62%で、知事の単独選挙だった前々回2009年同期(3日間)に比べて1万5108人増え、割合は0・31ポイント上がった。投開票日は7月2日。

 市区町別で割合が最も高かったのは新温泉町の1・91%。市川町の1・85%、稲美町の1・72%と続く。

 最低は上郡町の0・07%。淡路市の0・13%、三木市の0・14%と続いた。いずれも、上郡町長・町議選(6月27日告示)、淡路市議選(同25日告示)、三木市長選(同25日告示)と、知事選と同日投開票の選挙が控えており、今後投票が本格化するとみられる。

 期日前投票は市役所や町役場、ショッピングセンターなど、県内全市町の計170カ所で実施。原則的に投開票日前日の7月1日までの午前8時半~午後8時に受け付ける。投票所一覧は、県選管の知事選特設ウェブサイトに掲載している。(斉藤正志)

社会の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 31℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ