社会社会shakai

  • 印刷

 強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が全国各地で見つかっている問題で、環境省や国土交通省など関係7省庁は11日、東京・霞が関で今後の対応を協議する連絡会議を開いた。分布地域と定期航路がある神戸港など全国68港に対し、環境省と国交省が最大計数十万個の殺虫餌を配布、設置することを決めた。

 殺虫餌は7月中に各港の港湾管理者に配布する。1港あたり千~数千個になるといい、設置場所周辺の生息調査も同時に行う。

 注意喚起についても議論し、総務省消防庁はヒアリに刺された際の対応を各消防本部に通達したことを報告。文部科学省は、各学校にヒアリの生態などの情報提供を検討する。

 また、環境省などにヒアリ関連の問い合わせが相次いでいることから、各都道府県と政令市には、住民からの相談受付やヒアリかどうかの簡易的な調査を行うよう要請することで一致した。(大盛周平)

社会の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ