社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
海開きとなった須磨海岸で歓声を上げる子どもたち=神戸市須磨区(撮影・小林良多)
拡大
海開きとなった須磨海岸で歓声を上げる子どもたち=神戸市須磨区(撮影・小林良多)

 神戸市須磨区の須磨海水浴場が13日、海開きした。晴れ渡った空の下、この日を待ちわびた園児ら約100人が海に入り、打ち寄せる白波に歓声を上げた。8月末までの期間中、約76万人の入場を見込む。

 須磨海岸の西側では今年、砂浜の遠浅化工事が完了。親子連れなどが安心して楽しめるよう、入れ墨の露出や指定場所以外での喫煙を引き続き禁止するほか、今夏から海の家でのテキーラやウオッカの販売を全面的に禁止した。

 この日は、同市長田区の近田幼稚園の子どもたちが真っ先に海へと飛び込んだ。女児(5)は「まだちょっと冷たく感じたけど、みんなとバシャバシャ水を掛け合うのはとても楽しかった」と、満面の笑みを浮かべて話した。

 園児たちはその後、須磨海浜水族園のイルカを放流している海水浴場東端の「ドルフィンコースト」を見学。エサの魚をあげながら、自由に泳ぎ回るイルカの姿に見入っていた。(杉山雅崇)

社会の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ