社会社会shakai

  • 印刷

 兵庫県の姫路市教育委員会は13日、安室東小学校(同市田寺東2)で6月にあった歯科検診で、歯科医が保護者の同意を得ずに、児童30人の乳歯を抜く医療行為をしていたと発表した。市教委は不適切な行為と判断し同日、希望者を対象に臨時の歯科検診を実施。健康被害は確認されなかったという。

 市教委によると、同校の歯科検診は6月14、15日に全校児童849人を対象に実施。担当する40代の男性歯科医が児童の歯の状態を診察した際、ぐらついた乳歯を歯科用器具の探針で抜いたという。学校側に報告していなかった。

 同15日に保護者からの連絡で発覚。学校側が児童と面談した結果、2~6年の計30人が抜歯を受けたと話したという。

 男性歯科医は市歯科医師会の聞き取りに「永久歯の生え替わりをスムーズにするため良かれと思ったが、軽率だった」と説明し、学校歯科医を辞職した。

 市教委はスクールカウンセラーの派遣を決め、現時点で児童2人が面談を希望しているという。(金 旻革)

社会の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 32℃
  • 25℃
  • 40%

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ