社会社会shakai

  • 印刷
「海フェスタ神戸」の記念式典であいさつする秋篠宮さま=19日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・中西大二)
拡大
「海フェスタ神戸」の記念式典であいさつする秋篠宮さま=19日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・中西大二)
「海フェスタ神戸」の記念式典に出席された秋篠宮ご夫妻=19日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・中西大二)
拡大
「海フェスタ神戸」の記念式典に出席された秋篠宮ご夫妻=19日午前、神戸市中央区波止場町(撮影・中西大二)

 神戸開港150年目を祝う「海フェスタ神戸」の記念式典が19日午前、神戸市中央区のホテルオークラ神戸で開かれた。海・船・港の魅力を全国に発信する多彩なイベントが予定されており、久元喜造神戸市長は「海を舞台としたさまざまな仕事の重要な役割を伝えるまたとないチャンスだ」と述べた。

 海フェスタは毎年、国民の祝日「海の日」に合わせて、海にゆかりのある自治体で開催。神戸での開催は2003年以来3回目となる。今月15日、国内外の帆船が集う「神戸帆船フェスティバル」と、神戸港の歴史や文化、未来像などを発信する「海の総合展」(30日まで)で開幕した。8月5日の「みなとこうべ海上花火大会」まで、多彩な催しが展開される。

 記念式典には秋篠宮ご夫妻も参加された。秋篠宮様は「海に感謝するとともに、港や河川の多面的な役割を認識し、後世に伝えるのが海フェスタであり、未来に新たな一歩を踏み出そうとしている神戸の発展につながる」とお祝いを述べた。

 その後、海事関係功労者や海の絵画コンクール優秀者の表彰やジャズ演奏などが催された。(森本尚樹)

社会の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ