社会社会 shakai

  • 印刷
まつげぱっちり、ブルーアイなど、イケメンぞろいのマネキンたち=史跡・生野銀山(同銀山提供)
拡大
まつげぱっちり、ブルーアイなど、イケメンぞろいのマネキンたち=史跡・生野銀山(同銀山提供)
「ギンザンボーイズ」
拡大
「ギンザンボーイズ」

 兵庫県朝来市生野町小野の史跡・生野銀山にあるマネキン60体が「超地下アイドル」として楽曲デビューした。1974年6月のオープン以来、体を張って「鉱山(ヤマ)の男」の仕事を再現してきたマネキンたちは、よく見ると欧米風のイケメンが多い。そんな容姿やスタイルを生かし、新たな観光振興に一肌脱いでもらうことになった。(長谷部崇)

 生野銀山には現在、総延長約1キロの観光坑道や資料館に男性マネキン53体、女性マネキン7体が設置されている。鑿(のみ)1本で掘り進む「掘大工(ほりだいく)」や10代前半の「手子(てご)」、トロッコによる鉱石運搬など、江戸期から73年の閉山までの鉱山労働を再現している。うち18体は電気仕掛けで動く。

 観光客は90年代初めまで年間約20万人が訪れたが、近年は7万人台と低迷している。運営会社「シルバー生野」の妹尾高明社長(59)は昨年、大手広告代理店「電通」から朝来市に派遣中の多田伸一・市長公室次長(56)に相談。電通のプランナーらと銀山を訪れた多田次長は、暗い坑道内で異様な存在感を放つマネキンに着目し、「会えるアイドル」としてデビューさせることを発案した。

 グループ名は、その名も「ギンザンボーイズ」。CM音楽のプロらも巻き込んで制作したデビュー曲「ギンギラ銀山パラダイス」は、「ようこそ地下880メートルへ/さぁトロッコに乗って/そうさここにはドリームがある♪」と陽気に歌う。唐箕(とうみ)という装置で坑道に風を送る人形は「風太郎」、イタリア系の顔立ちの人形は「次郎羅茂(じろうらも)」など、1体ずつ特徴を示す名前やキャラクターも設定した。

 長年、多湿の坑道内で過ごしてきたため、かびが生え、ススにまみれた人形もあったが、シルバー生野の女性社員が汚れを落とし、このほどプロモーションビデオ(PV)の撮影に臨んだ。社員の赤染部(あこべ)和美さん(48)、足立紀美子さん(42)は「人形に魂を吹き込んでもらえたような感じ」と喜ぶ。

 12日にインターネットに公開された約3分のPVは、曲に乗せ、坑内の様子や人形の動きなどをコミカルに紹介。多次勝昭市長もマネキン役で出演している。SNSでも拡散され、再生回数はすでに7千800回を突破した。

 26日午前11時~正午には、生野銀山でマネキンたちによる“トークショー”や楽曲披露、写真撮影会などのデビューイベントを催す。今後、人気投票で主要メンバーを決める「総選挙」や、Tシャツなど土産物の制作も検討するという。

 公式ホームページは「ギンザンボーイズ」で検索。生野銀山TEL079・679・2010

社会の最新

天気(4月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ