社会社会shakai

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 台風5号は6日、九州南部にかなり接近して北東へ進み、九州南部や奄美地方は大荒れの天気になった。7日未明に四国に接近し、午前中にも上陸する可能性がある。兵庫県内は7日昼すぎに暴風域に入り、同日夜には最接近する見通し。8日にかけて近畿から北陸に抜けるとみられ、気象庁は河川の氾濫や土砂災害、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風5号の中心気圧は975ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。7日は太平洋側を中心に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る所がある。

 神戸地方気象台によると、県内では降水量は多い所で、同日午後6時までの24時間に県北部200ミリ、県南部300ミリ。8日午後6時までの24時間に北部、南部とも100~200ミリと予想され、この間の1時間降水量は60ミリに達する恐れがある。南部では最接近の時間帯と満潮が重なることから、高潮に警戒する必要がある。

 台風5号の接近を受け、西宮市の甲子園球場で7日に予定していた全国高校野球選手権大会の開会式と1回戦は8日に順延された。

 県内の交通機関では、JR西日本が7日正午ごろから播但線姫路-和田山間、福知山線篠山口-福知山間、山陰線園部-浜坂間などの運転を見合わせ、特急こうのとり、きのさき、はまかぜなどの大半で運休を見込む。

 7日の神戸空港発着便では、ソラシドエアと全日空が那覇便計4便を欠航、スカイマークも計23便の欠航を決めた。神戸空港と関西空港を結ぶ高速船「神戸-関空ベイ・シャトル」は同日の全32便を欠航し、代替バスを運行する。洲本港(洲本市)と関西空港とを結ぶ「淡路関空ライン」は同日の全10便を欠航する。

 気象庁によると、鹿児島県奄美市では6日午後までの48時間に600ミリ以上の雨量を観測し、8月の最多記録を更新。宮崎県えびの市では24時間雨量が300ミリを超え、鹿児島県の種子島では最大瞬間風速36・3メートルを記録した。(小林伸哉、西井由比子)

社会の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ