社会社会shakai

  • 印刷
東日本大震災の犠牲者の名前と「絆」などの文字が書き込まれた竹灯籠=神戸市灘区、摩耶ふ頭
拡大
東日本大震災の犠牲者の名前と「絆」などの文字が書き込まれた竹灯籠=神戸市灘区、摩耶ふ頭

 東日本大震災の犠牲者を追悼する盆行事のため、市民団体「神戸・心絆」のメンバーらが8日、神戸市灘区の摩耶ふ頭で、竹灯籠に犠牲者の名前を書き込んだ。兵庫県のボランティアは毎年3月と8月に仮設住宅で追悼行事を支援しており、震災から7度目の盆も一緒に手を合わせる。

 ひょうごボランタリープラザがボランティアバスを出し、同団体や一般のボランティアが、宮城県名取市の仮設住宅「愛島東部団地」で15日に開かれる追悼行事を支援する。2013年から訪問が始まり、盆の訪問は5回目となる。

 この日は、神戸の書道家らが、名取市閖上(ゆりあげ)地区で亡くなった213人の名前を竹灯籠に書き込んだ。三木市の中学生がメッセージを書き込んだ竹灯籠なども含めて計約600本を現地に持ち込み、竹灯籠で「WE♡ユリアゲ 祈」の文字を作るという。

 名取市によると、来年6月以降は認められた人しか仮設住宅に入居し続けることができない。同団地でも住民が次々と仮設を離れており、神戸・心絆の山川泰宏会長(79)は「竹灯籠を持って神戸から訪れることで、少しでも楽しい気持ちになってもらえたら」と話した。(高田康夫)

社会の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 4℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ