社会社会shakai

  • 印刷
橋本健元神戸市議の政活費問題を報告する神戸市会の会見で詰め掛けた報道陣=6日午後、神戸市役所(撮影・中西大二)
拡大
橋本健元神戸市議の政活費問題を報告する神戸市会の会見で詰め掛けた報道陣=6日午後、神戸市役所(撮影・中西大二)

 神戸市会の政活費を巡っては、2年前に発覚した別会派(解散)の不正流用事件以降、政活費の支出ルールを厳しくした。橋本健・元市議が不正に手を染めていたのも見直し前。「もうほかにいないのか」。市民の疑念は深まるばかりだが、市会では厳格化前の支出を調べる必要性について各会派の間に温度差もある。

 橋本氏が所属していた市会自民党議員団。安達和彦団長は「『不正を自ら洗い出せ』という市民の厳しい意見はある。過去の運用について調査できるか、会派内で話し合ってみたい」。民進こうべの藤原武光団長も「調査は難しく、信頼してもらうしかない」と歯切れが悪い。

 公明党市議団の吉田謙治団長は「(見直し前の政活費について)市民に疑念を持たれているのなら調査すべきだろう」とした上で、「各会派に支出状況の報告や資料の提出を求める権限は、議長にしかない。議長の指揮で、税理士の協力も得ながら調べる方法もある」との考えを示した。共産の森本真団長も「今後の再発防止を考える中で、過去にさかのぼって調査が必要という意見が出れば検討していきたい」と述べた。(段 貴則)

社会の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ