社会社会shakai

  • 印刷
朝日の時間の眺めもまた素晴らしい=明石海峡
拡大
朝日の時間の眺めもまた素晴らしい=明石海峡
デッキでは乗客が写真撮影に夢中=明石海峡
拡大
デッキでは乗客が写真撮影に夢中=明石海峡

 生活航路のためあまり知られていないものの、実は大人片道500円で素晴らしい景色が望める明石港-岩屋港の航路。高速船で明石海峡を斜めに突っ切り、大橋をくぐるコースは、乗船している間中がずっとシャッターチャンスだ。

 明石港周辺の高層マンション群や釣り人を背に出港すると、左側には程なくして白い建物がびっしり詰まった本州の景色がダイナミックに広がる。周辺を大小の船が行き交い、世界一の長さを誇るつり橋がどんどん近づいてくる。くぐるころには右側に岩屋の町並みが現れ、漁船がずらりと並ぶ漁師町らしい風景に迎えられて到着する。

 この間、たったの13分。時速40キロというが、もっと速く感じる。「たまには、船旅もいかが」と運航会社の淡路ジェノバライン。日中はもちろん、景色が変わる明け方や夕方、夜もまた良い。

社会の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 3℃
  • 80%

お知らせ