社会社会shakai

  • 印刷
兵庫県内は各地で激しい雨に見舞われた。児童らの通学時、地面をたたく雨粒が跳ね上がった=12日午前8時4分、神戸市中央区東川崎町1(撮影・大山伸一郎)
拡大
兵庫県内は各地で激しい雨に見舞われた。児童らの通学時、地面をたたく雨粒が跳ね上がった=12日午前8時4分、神戸市中央区東川崎町1(撮影・大山伸一郎)

 前線を伴った低気圧により、近畿地方の広い範囲で12日未明から強い雨が降った。兵庫県内では阪神間で一時、大雨、洪水警報が発令された。

 神戸地方気象台によると、阪神間の警報は午前7時前に発令され、同8時半前にすべて解除された。12日朝にかけての最大3時間雨量は三木市の41・5ミリが最も多く、ほかにも西宮や三田、姫路市など県内7地点で30ミリ以上を観測した。

 阪神間では、西宮と川西市で小学校と特別支援学校計3校が休校となった。宝塚市は給食が中止となり、小中学校など全37校が午前中のみで授業を切り上げた。伊丹市でも多くの学校で午後の授業を中止。一方、尼崎市では通常通りの授業を実施しているという。

 鉄道でも出勤時間帯を中心に遅れが出た。JR西日本によると、琵琶湖線の草津駅(滋賀県草津市)付近で起きた信号トラブルにより、神戸線でも大阪-姫路間で午前7時ごろから大幅な遅れが相次いだ。

 また関西電力によると、姫路市家島町坊勢では風雨の影響で、12日午前0時すぎから同7時45分ごろにかけ約290軒で停電した。

社会の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ