社会社会shakai

  • 印刷
笑顔に見えると話題の走水神社拝殿の「懸魚」
拡大
笑顔に見えると話題の走水神社拝殿の「懸魚」
拡大

 神戸・元町商店街に面する「走水(はしうど)神社」。学業成就や海の安全、厄よけを願って訪れる人が多い神社で、ひそかに話題になっている「神様」がいる。

 「拝殿の屋根にある『懸魚(げぎょ)』と呼ばれる飾りが、笑顔のようと話題になるんです」と兒嶋英毅宮司(45)。指差す場所を見ると、三角形の木製の飾り。中ほどに掘られた二つの模様が目尻を下げた目に、その下のハート形の穴が口と、笑う人の顔のようにも見える。

 参拝に訪れた際、「お願いを聞いた神様がほほ笑んでくれているようで心が落ち着く」と話す女性客が多いのだとか。

 屋根の下の“笑顔”。見ていると自分も御利益にあやかれそうな気がして、そっと手を合わせた。(勝浦美香)

社会の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ