社会社会shakai

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 三木市幹部と市の工事を受注する業者らの慰労会に関する薮本吉秀前市長の虚偽説明などを巡り、職員倫理審査会の議事録が一時非公開になったことの取り消しなどを求めた訴訟の判決が14日、神戸地裁であり、山口浩司裁判長は市に非公開決定の取り消しを命じた。

 訴状などによると、同市の大西秀樹市議が昨年2月23日、倫理審に議事録の公開を請求したが、3月8日に非公開決定の通知があった。同市議にはその後、情報提供という形で交付された。議事録は請求の4日前に神戸新聞社に部分公開されており、同市議は「非公開とする理由は見当たらない」と主張した。

 山口裁判長は判決で「任意交付では非公開決定の法律上の効果が失効したとは認められず、非公開理由の記載も不十分」として決定の取り消しを認めた。また、「市民の知る権利や市議が政務活動をする権利を侵害した」とし、慰謝料10万円の支払いも命じた。

社会の最新
もっと見る

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ