社会社会shakai

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 兵庫県丹波市の交差点で2014年4月、丹波署のミニパトカーと乗用車が衝突、乗用車を運転していた同市市島町の主婦=当時(34)=と長男=同(5)=が死亡した事故で、遺族が兵庫県に約1億8680万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、神戸地裁であった。本多久美子裁判長(黒田豊裁判長代読)は、パトカーの男性巡査長(42)の過失を一部認め、計約1356万円の支払いを命じた。

 判決などによると、事故は14年4月13日午後0時25分、同市春日町の県道交差点で発生。パトカーと衝突した乗用車は、横転して信号機にぶつかり、母子が亡くなった。

 本多裁判長は、男性巡査長が交差点に向かう乗用車に気付いていることなどから「確認した時点で停止するなどの措置を取れば、事故を回避できた」とし、「巡査長に過失がないとまでは言えない」とした。

社会の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 16℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

お知らせ