社会社会shakai

  • 印刷
初競りで1キロ100万円の値が付いたマツタケ=15日午前、篠山市二階町
拡大
初競りで1キロ100万円の値が付いたマツタケ=15日午前、篠山市二階町

 全国的に有名な丹波篠山産のマツタケの初競りが15日、兵庫県篠山市郡家の篠山魚市場であり、1キロ当たり100万円の値が付いた。実際には5本計70グラムが7万円で落札され、「100万円」は換算上の金額だが、近年では5年前の同366万円に次ぐ“ご祝儀相場”となった。

 初入荷は昨年より約10日早い。JA丹波ささやまによると、今年は9月に入って気温がぐっと下がり、雨も多かったため生育が早まったとみられる。気温の高い状態が続いた昨年と異なり、今年は豊作が期待できそうだという。

 初競りに出されたマツタケは4~8センチで、篠山市中部の山で採れた。香りや歯ごたえの良さが特長で、落札した同市の料理旅館「近又」の荻野創真料理長(34)は「きょう予約してくださっていたお客さんに、早速土瓶蒸しで提供したい」と笑顔で話した。(安福直剛)

社会の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ