社会社会 shakai

  • 印刷
動画一覧へ
名誉駅長に就任した生後2カ月の但馬牛の雌「まお」ちゃん=道の駅「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」
拡大
名誉駅長に就任した生後2カ月の但馬牛の雌「まお」ちゃん=道の駅「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」

 兵庫県新温泉町と県が整備していた道の駅「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」(同町栃谷)が21日オープンし、生後2カ月の但馬牛の雌「まお」ちゃんが“名誉駅長”に就任した。同町は但馬牛発祥の地で、現在も盛んに生産が続く。「道の駅のシンボルに」と、寄せられる大きな期待を知ってか知らずか、つぶらな瞳で愛きょうを振りまいている。

 「まお」ちゃんという名前は、「マォー」と鳴く牛の声から命名された。飼い主は同町の畜産農家、山本智明さん(50)昭代さん(46)夫妻。同道の駅に同町特産の農産物や水産物などに加え、但馬ビーフを提供しており、町からの依頼を快諾した。イベントなどに合わせて月1回程度の“出勤”となる見込み。

 この日は施設の芝生広場で、来場者に応対。おっかなびっくり触る子どもや、携帯電話で撮影する人などが相次いだ。同町の吉野ひかりちゃん(3)は「体は硬かったけど、毛はフワフワ。顔がかわいい」と笑顔だった。

 同道の駅は、11月26日に開通する浜坂道路の「新温泉浜坂インターチェンジ」の近く。45台分の駐車場を備え、但馬ビーフ料理を提供する店やそば店、野菜や魚介類の直売所などがある。TEL0796・80・9010

(小日向務)

社会の最新

天気(4月27日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 14℃
  • 11℃
  • 60%

お知らせ