社会社会shakai

  • 印刷

 次期衆院選の兵庫11区(兵庫県姫路市)から立候補する意向を示していた戸井田真太郎氏(39)が24日、立候補を断念することを明らかにした。神戸新聞社の取材に「自民党の公認が得られない情勢になった。急な選挙への準備不足と力不足から判断した」と話した。

 戸井田氏は2014年の前回衆院選で、自民党兵庫県連の支援を受けて12区(西播磨など)から立候補したが落選。次期衆院選で党公認候補として11区での立候補を目指していた。

 11区では、旧民主党を離党した松本剛明元外相(58)が自民会派に入り、同県連に公認申請を提出している。(三島大一郎、金 旻革)

社会の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ