社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
華やかな衣装を身に着け、踊りを披露する子どもたち=7日午後、神戸市中央区元町通1(撮影・大森 武)
拡大
華やかな衣装を身に着け、踊りを披露する子どもたち=7日午後、神戸市中央区元町通1(撮影・大森 武)
迫力ある獅子舞に多くの観客が見入った=7日午後、神戸市中央区元町通1(撮影・大森 武)
拡大
迫力ある獅子舞に多くの観客が見入った=7日午後、神戸市中央区元町通1(撮影・大森 武)

 神戸市中央区の南京町で7日、名月を楽しみ、収穫を祝う「中秋節」のイベントが開かれた。広場では神戸中華同文学校(同区)舞獅隊によるダイナミックな獅子舞などが披露され、大勢の観客が迫力ある動きに見入った。南京町商店街振興組合が毎年開催し、20回目。舞踊や太極拳のステージなどもあった。9日まで。

 同隊で活動する小学4年から中学3年の21人が出場。ドラやシンバル、太鼓の音が響く中、金色や銀色などの派手な獅子5体が息の合った動きを展開し、高度な技を決めるたび、観客から拍手や歓声が上がった。頭をかまれると無病息災で過ごせるといわれているため、笑顔で頭を差し出す人の姿も見られた。

 同隊部長の周茂暉さん(14)、副部長の荘義和さん(14)は「緊張したけど、どの技もうまくできて良かった。夏からずっと練習してきたかいがあった」と声を弾ませた。

 南京町には「地主財神」という土地の神様が祭られており、中秋節に合わせ、祭壇に長さ40センチほどの線香が奉納された。「福球」というくじ引きのコーナーには、運試しを楽しむ家族連れらが列を作った。

 9日まで。同日正午から午後2時半ごろまで、獅子が一帯を練り歩く予定。南京町商店街振興組合TEL078・332・2896

(新開真理)

社会の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ