社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
神社の楼門前で威勢よく屋台を練る氏子ら=14日午前、姫路市白浜町(撮影・吉田敦史)
拡大
神社の楼門前で威勢よく屋台を練る氏子ら=14日午前、姫路市白浜町(撮影・吉田敦史)

 「灘のけんか祭り」として知られる兵庫県姫路市白浜町、松原八幡神社の秋季例大祭が14日、宵宮を迎えた。氏子である旧灘七カ村の屋台が勇壮な練り回しを見せ、播磨に秋本番を告げた。

 祭りどころの播磨で最大規模の祭礼。兵庫県の無形民俗文化財に指定されている。

 あいにくの小雨が降る中、各地区を巡行した締め込み姿の男たちは「ヨイヤサー、ヨッソイ」という掛け声と太鼓の音を響かせ神社へ。

 地区ごとに異なる色のシデ棒が揺れる中、金銀に装飾された大きな屋台を練った。太鼓の音が近づくと観衆が駆け寄り、拍手と歓声で宮入りする屋台を迎えた。

 15日の本宮は、舞台を同神社の西約800メートルのお旅山へ移す。昼すぎから3基の神輿を激しくぶつけ合う「神輿合わせ」や屋台練りがある。(木村信行)

社会の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ