社会社会shakai

  • 印刷
動画一覧へ
夜の境内で荒々しく舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町汐咲、大塩天満宮
拡大
夜の境内で荒々しく舞う毛獅子=14日夜、姫路市大塩町汐咲、大塩天満宮

 大塩天満宮(兵庫県姫路市大塩町)の秋季大祭が14日、宵宮を迎え、県重要無形民俗文化財「毛獅子舞」が奉納された。笛や太鼓の音が響く中、若者が黒や茶色の毛に覆われた獅子頭を差し上げ、激しく舞い踊った。

 毛獅子舞は鎌倉時代から続くとされ、姫路・高砂両市にまたがる氏子らが継承してきた。この日は、昼すぎから6地区の屋台が練り合わせた。午後7時ごろ、地区の一つ、高砂市の牛谷丁を先頭に7頭の毛獅子が大鳥居前に姿を現した。

 本殿前までの「道中舞」では、ボタンの花に誘われた獅子が洞窟を出て天の恵みに歓喜する物語を演じ、たてがみを激しく振り乱した。その後、能舞台など境内各所でそれぞれ自慢の舞を披露し、大勢の見物客を沸かせた。

 本宮の15日は午前10時から一ツ物神事、午後2時すぎから毛獅子舞の奉納がある。(辰巳直之)

社会の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ