総合 総合 sougou

  • 印刷
台風21号の接近に備え、港に移動した漁船=21日午後、神戸市垂水区平磯3、垂水漁港(撮影・後藤亮平)
拡大
台風21号の接近に備え、港に移動した漁船=21日午後、神戸市垂水区平磯3、垂水漁港(撮影・後藤亮平)
台風21号の予想進路(21日9時現在)
拡大
台風21号の予想進路(21日9時現在)

 超大型の非常に強い台風21号について、神戸地方気象台は21日午前、兵庫県への最接近は23日午前0~6時ごろになる見通しと発表した。衆院選投開票日の22日には雨風が強まる予想となっており、同気象台は「気象情報や安全を確認した上で、投票はできるだけ早い時間帯に済ませてほしい。期日前投票も検討して」と呼び掛けている。

 同気象台によると、兵庫県内では四国の南の海上にある停滞前線の影響で、22日から警報級の大雨となる恐れがある。県北部と南部の24時間雨量は多いところで、22日正午までに150ミリ、23日正午までに200~300ミリと予想される。

 先週からの雨が土壌に多く含まれており、22日午前から県北部と南部で、土砂災害の危険性が警報級となる見通し。雨風は同日午後から激しさを増し、夜のはじめごろからは県北部と南部で大雨(浸水)、洪水、強風、高波が警報級となる予報となっており、日本海沿岸では風向きによって潮位が高まる可能性がある。

 台風21号は兵庫県の東側を通過する可能性があり、県内は23日午前に暴風域から、同日夜のはじめごろまでに強風域から外れる見通しとなっている。

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ