総合 総合 sougou

  • 印刷

 来年4月22日投開票の兵庫県西宮市長選で、元衆院議員の石井登志郎氏(46)が28日会見し、無所属での立候補を表明した。石井氏は「市民と市政の距離を近づけ、一番身近な声が届く西宮にする」と述べた。

 芦屋市出身。2009年の衆院選で兵庫7区から民主党(現民進党)公認で初当選し、1期3年務めた。16年5月に民進党を離党している。

 石井氏は立候補の理由を「子どもが生まれて地域活動をする中で、市民と市政の遠さに問題意識を持った」と説明。「現市政は住民の声を吸い上げる仕組みが不十分」と主張した。就学前や生涯教育の充実などに力を入れ、「市長給与削減で範を示し、財源を生み出す努力をする」とした。

 同市長選には兵庫県議の吉岡政和氏(43)が立候補の意向を固めており、現職の今村岳司氏(44)は態度を明らかにしていない。(土井秀人)

総合の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ