総合総合sougou

  • 印刷

 スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題を受け、神戸市は、姉妹都市提携を結ぶ州都バルセロナで13~15日に予定していた学生、社会人対象の視察ツアーの中止を決めた。ICT(情報通信技術)を生かしたまちづくりをテーマに、15人前後を募っていた。

 バルセロナは、自治体などが保有する情報を、市民が自由に使えるように許可する「オープンデータ」が盛ん。ツアーは若手IT人材の育成が目的で、2016年度も実施した。データを利用した行政課題解決のアイデア発表や、現地の自治体職員らとの意見交換などを予定していた。

 神戸市の担当者は「残念だが現地の情勢を踏まえて参加者の安全に配慮した」と説明した。市はツアーの期間中、現地で開催されるICT活用事例の展示会に出展する計画だが、今後の状況をみて参加の可否を判断するという。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(5月22日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

お知らせ