総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
年賀状購入者にプレゼントを手渡す宝塚歌劇団の高峰潤さん(右)と糸月雪羽さん(中央)=1日午前、神戸市中央区栄町通6(撮影・中西大二)
拡大
年賀状購入者にプレゼントを手渡す宝塚歌劇団の高峰潤さん(右)と糸月雪羽さん(中央)=1日午前、神戸市中央区栄町通6(撮影・中西大二)

 2018年の年賀状の販売が全国の郵便局で始まった。神戸市中央区の神戸中央郵便局では、元宝塚歌劇団の女優月央和沙さんや同区の神戸熊内幼稚園の園児らがセレモニーに出席。また大丸神戸店(同区)では、お歳暮コーナーがオープンし、早くも歳末に向けた商戦がスタートした。

 年賀状は全国で約25億9千万枚を発行予定。干支の戌年にちなみ人気キャラクター・スヌーピーの図柄も登場。6月からはがきの郵便料金が52円から62円になったが、12月15日~18年1月7日は年賀状に限って52円で投函できる。

 宝塚歌劇団の糸月雪羽さん(川西市出身)は、ファンらに「心を込めて書かせていただきたい」。列に並んで購入した芦屋市の高校2年生女子(17)は「手書きでしか伝わらない温かさがある」と話した。

 大丸神戸店のお歳暮特設コーナーでは、神戸市中央区の無職の男性(71)が「神戸のお菓子を贈ると孫が喜んでくれる」と品定めしていた。(阪口真平、綱嶋葉名)

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ