総合総合sougou

  • 印刷

 国連が定める14日の「世界糖尿病デー」に合わせ、姫路城や明石海峡大橋など兵庫県内の16施設などが糖尿病撲滅を目指すシンボルカラーの青色にライトアップされる。12日午後2時~4時半には神戸市中央区の県医師会館で、治療や予防の講演会がある。

 糖尿病に関わるホルモン「インスリン」を発見したカナダ人医師の誕生日に合わせ、2006年に認定。世界各地で催しがある。

 講演会は、北播磨総合医療センター(兵庫県小野市)の横野浩一院長や理学療法士、管理栄養士が日頃からの食事や運動、治療などについて話す。質疑応答もある。無料。先着250人。予約不要。(山路 進)

 主なライトアップの期間や施設は次の通り。

 11~15日=辰鼓楼(豊岡市)▽13、14日=姫路城▽13~15日=明石海峡大橋(神戸、淡路市)、兵庫大仏、モザイク大観覧車、神戸ポートタワー、錨山、フラワーロード(以上神戸市)、ひまわりの塔(小野市)▽14日=神戸市立須磨海浜水族園、神戸労災病院▽20日まで=北播磨総合医療センター

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ