総合総合sougou

  • 印刷
靖国通り沿いに店舗を構える八木書店。敏夫さんの長男壮一さん(右)と次男乾二さんらに受け継がれた=東京都千代田区神田神保町1
拡大
靖国通り沿いに店舗を構える八木書店。敏夫さんの長男壮一さん(右)と次男乾二さんらに受け継がれた=東京都千代田区神田神保町1
「六甲書房」「日本古書通信社」の看板を掲げた創業間もない店の前で、愛用のオートバイにまたがる故八木敏夫さん=1936年ごろ、東京都千代田区小川町3(八木書店提供)
拡大
「六甲書房」「日本古書通信社」の看板を掲げた創業間もない店の前で、愛用のオートバイにまたがる故八木敏夫さん=1936年ごろ、東京都千代田区小川町3(八木書店提供)

 古本の街で知られる東京・神田神保町。古書店が軒を連ねる靖国通り沿いを東に歩くと日本文学の初版本や希少本を中心に扱う「八木書店」(千代田区)に行き当たる。小売りにとどまらず卸売りや新刊取り次ぎなどを広く手掛ける代表的書店の一つ。この店が戦前、「六甲書房」を名乗っていたことはあまり知られていない。

 「六甲というのは郷里兵庫県で最高の山」。創業者、八木敏夫さん(1908~99年)は後にそう記した。8人兄弟の長男として旧加古郡二見村(現兵庫県明石市)に生まれ、育英商業(現育英高)を卒業。神戸・元町の書店勤めを経て「これからは古書の時代」と神保町に打って出た。1929(昭和4)年のことだ。

 明治期、江戸時代の武家屋敷の後に、大学などが集中し、その需要を受けて発展した神田神保町の古書店街。太平洋戦争時には、奇跡的に戦火を逃れて現在に至る。東京古書会館には全国から古本が集まり、業者間の交換会などが行われている。

 敏夫さんが上京した当時、古書街は関東大震災(1923年)からの復興途上。多くの本が失われたことから需要はさらに高まっていた。5年ほど名門古書店で修業し、古書市場の相場速報などを伝える「日本古書通信社」を創業した。直後に古書を販売する六甲書房も設立した。

 「戦前にオートバイを乗り回すなど、とにかく新しいもの好き。故郷を思い出す暇なく仕事していた」。長男で八木書店の現会長、壮一さん(79)は多忙だった父の姿を思い返す。次男の乾二(けんじ)さん(77)も「本に関することは何でもやりたがった人だった」。

 そのバイタリティーが存分に発揮されたのは、終戦後。敏夫さんは44年に召集され、事業は休業状態に。姫路の師団に入隊し朝鮮半島や中国などを転々とした。46年3月に復員すると、わずか半年後には物不足で売り物に困っていた上野の松坂屋で古書店を再開した。

 その後、店名を「八木書店」に変え、61年に現在地に店舗を移した。新刊取り次ぎ、特価本の販売、希少本のデジタル複製など新しい事業に次々取り組み、古書街で一目置かれる存在になった。

 今もその歩みは止まらない。「古本屋ならではの触覚で、それぞれの店が新しい商売を見つける。だから古書街は続いているんだと思う」と壮一さん。

 敏夫さんが最初に起こした日本古書通信社は、今年10月発行の最新号で通算1059号を数えた。店舗近くに立つ八木書店本社ビルの5階に編集室を構え、古書業界の姿を伝え続ける。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ