総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
富山の山中から神戸港に到着した巨大なアスナロの木=13日午後、神戸市中央区港島1(撮影・中西大二)
拡大
富山の山中から神戸港に到着した巨大なアスナロの木=13日午後、神戸市中央区港島1(撮影・中西大二)

 神戸・メリケンパークに巨大な生木のクリスマスツリーを立てる計画で、ツリーにするアスナロの木(全長約30メートル、重さ約24トン)が13日、神戸港に到着した。富山の山中から掘り出し、陸路と海路で4日間かけて輸送。長旅でやや乾燥しているが状態は悪くないという。いったん陸に下ろし、水をやったり、枝の形を整えたりして17日の植樹式に備える。

 「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」と題する企画で、希少植物を求めて世界を飛び回り、プラントハンターを名乗る西畠清順さん(37)=兵庫県川西市=の会社「そら植物園」(同市)が主催する。

 9日に富山の港を出た船は、日本海と瀬戸内海を経てポートアイランドへ。寝かせた状態でクレーンがつり上げると、青々と茂った枝や太い幹が姿を現した。西畠さんは「何とか無事に運べた。根がからからなので早く水を飲ませたい」とほっとした様子で話した。

 イベントは12月2~26日。ツリー周辺は終日無料で開放される。(上杉順子)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ