総合総合sougou

  • 印刷
原子力発電環境整備機構などが神戸で開いた意見交換会。日当を約束された学生らも参加していたという=11月2日、神戸市中央区三宮町1
拡大
原子力発電環境整備機構などが神戸で開いた意見交換会。日当を約束された学生らも参加していたという=11月2日、神戸市中央区三宮町1

 原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定に向け、経済産業省と原子力発電環境整備機構(NUMO)が、2日に神戸市内で開いた意見交換会で、開催を告知する広告などを担った会社が大学生の団体に「1人当たり5千円の協賛金を支払う」と呼び掛け、参加を促していたことが14日、関係者への取材で分かった。公募で集まったとされた参加者69人のうち、8人が該当していたという。

 意見交換会は福島以外の全都道府県で予定され、既に14都府県で実施。金銭を支払う約束で参加者を動員した疑いがある会場は、兵庫、大阪、東京、埼玉、愛知の5都府県に上るという。

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ