総合総合sougou

  • 印刷
神戸マラソンに向け、自分の足に合わせて作られた試作シューズで練習する八木健人さん=神戸市灘区六甲台町、神戸大(撮影・大山伸一郎)
拡大
神戸マラソンに向け、自分の足に合わせて作られた試作シューズで練習する八木健人さん=神戸市灘区六甲台町、神戸大(撮影・大山伸一郎)
兵庫県内の産官学が共同で作ったランニングシューズの試作品=神戸市灘区六甲台町、神戸大(撮影・大山伸一郎)
拡大
兵庫県内の産官学が共同で作ったランニングシューズの試作品=神戸市灘区六甲台町、神戸大(撮影・大山伸一郎)

 足の写真や走り方の特徴などをスマートフォンで送ると、自分の足に合ったランニングシューズが出来上がる-。こんなプロジェクトに兵庫県内の産官学が取り組んでいる。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」の技術を活用し、画像やセンサーなどで得られたデータを収集・解析して、個人のニーズに即した商品を作る実証実験だ。19日開催の第7回神戸マラソン(神戸新聞社など共催)に、試作のシューズを履いたランナーが出走し、耐久性などを検証する。(塩津あかね)

 神戸大工学部4年の八木健人(けんと)さん(21)は当日に向けて、日々練習を欠かさない。実は左足の長さが右足よりも1センチほど大きく、陸上部に所属したが靴選びには苦労してきた。実証実験に協力して手にした靴は足にぴったりで、「良い結果を出したい」と意気込む。

 実証実験が始まったのは2014年度。国の委託事業に採択され、神戸大、兵庫県立工業技術センター、住友ゴム工業、バンドー化学、アシックス、神戸工業試験場、産業技術総合研究所が参画する。

 被験者の素足をスマホカメラで撮影し、ネット経由で送信した画像から立体画像を作成。さらにタイム向上や減量などの走る目的と、走り方の癖、好みの靴デザインをそれぞれ選択式で回答すると、これらのデータから個々に最適なランニングシューズが出来上がる。

 すでに試作品が完成しており、19日の神戸マラソンで八木さんら4人が実際に走って、耐久性や靴底の摩耗などを確認する。今後、試作品に感圧センサーなどをつけて実走。靴底にかかる圧力の分布を解析し、疲れにくい形状の靴底を設計して完成品に仕上げる。

 一連の工程でフル活用するのがIoTだ。このうち靴底は、ネットでつながった世界初というゴム用の3Dプリンターで製造。プリンターは受信した設計データをもとに、3種類のゴム材料を噴射して成形する。感圧センサーもネットでつながっており、リアルタイムで各種データを収集できる仕組み。目標の18年度末までに完成品を作り、IoTによる「オーダーメードシューズ」の商業生産を目指す考えだ。

 実証実験を統括する神戸大の貝原俊也教授は「製造コストやプリンターの信頼性など課題はあるが、製品化までの方式は見えてきた」と話している。

総合の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • -1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ