総合総合sougou

  • 印刷

 IoTは「インターネット・オブ・シングス」の略で、あらゆるモノがネットでつながった状態をいう。パソコンや携帯電話などの情報端末だけでなく、家電や自動車などもネットに接続。スマホでエアコンを遠隔操作したり、車両の位置情報から渋滞を避けるルートを案内したりするサービスが生まれている。

 工場の生産設備をネット網で結び、稼働状況などをリアルタイムで把握することで、生産効率や品質を向上させる「スマート工場」も登場。IoTを活用したものづくりは、世界中がしのぎを削る分野だ。

 典型例はドイツが主導する「インダストリー4・0」。個別企業の工場だけでなく、企業の枠を超えて国中の工場をネットワーク化しようという試みだ。米国や中国などでもスマート工場への取り組みが進む。

 今回の実証実験を統括する神戸大の貝原俊也教授も「諸外国の仕組みに負けないスマート工場をつくりたい」と意気込む。消費者のニーズや好みを設計段階で把握。「製品を作っておしまいでなく、製品化の過程で、消費者が改善してほしい部分を反映させる『ユーザー参加型』の仕組み」という。

 「消費者が本当にほしいものを作れるか」は世界中の製造業の一大テーマ。貝原教授は「作る側と使う側がともに価値をつくり上げるものづくりで、新たな技術革新を起こす」と力を込める。(塩津あかね)

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ