総合総合sougou

  • 印刷
フェリシモの記念バングル販売ページ
拡大
フェリシモの記念バングル販売ページ
来月2日のオープニングセレモニーに向けて、設営作業が進む「世界一クリスマスツリー」=22日午後、神戸市中央区波止場町(撮影・風斗雅博)
拡大
来月2日のオープニングセレモニーに向けて、設営作業が進む「世界一クリスマスツリー」=22日午後、神戸市中央区波止場町(撮影・風斗雅博)

 神戸港開港150年目を記念し、神戸・メリケンパークに設置が進む「世界一のクリスマスツリー」。イベント終了後のツリーの処遇に注目が集まっている。主催側が「未定」とする中、大手通販会社のサイトで、この木を使った記念品の販売が告知されたことから、インターネット上では「結局切り倒すのか」などの意見が噴出。主催側は「商品に使うのは枝など木の一部。伐採するかどうかについては未定のまま」と説明している。(上杉順子)

 「めざせ! 世界一のクリスマスツリープロジェクト」と銘打った企画。富山県氷見市の山中から運んだ推定樹齢150年、全長約30メートルのアスナロの木を12月2~26日、飾り付けて観覧できるようにする。生木では世界最大級とされ、今月17日の「植樹式」で、船からクレーンでメリケンパークの鉢に移された。

 プロジェクトは阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂の意味も込め、希少植物を求めて世界を股に掛ける「プラントハンター」の西畠清順さん(37)=川西市=がプロデュースし、西畠さんの会社「そら植物園」(同市)が主催。共催の実行委員会には神戸市や大手通販会社「フェリシモ」(神戸市)も名を連ねる。

 木がイベント後にどうなるかについて、植樹式時点で主催側は「未定」と回答していたが、フェリシモがこの木を加工したバングル(腕輪、送料込み1個3800円)を西畠さんとのコラボレーション商品として販売すると発表した。

 ネット上では商品ページの画像などが拡散し、「せっかく生きたまま運んできたのに…」などの投稿が相次いでいる。フェリシモは、バングルとツリーに飾るオーナメントについて販売協力するが、「売り上げを会社の利益にする考えは全くない」としている。ツリーの設置場所について主催側と神戸市は賃貸契約を結び、終了後に撤去することは決まっているという。

総合の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ