総合 総合 sougou

  • 印刷
逆走したバスと同じ路線を走る高速バス=豊岡市内
拡大
逆走したバスと同じ路線を走る高速バス=豊岡市内
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
逆走したバスと同じ路線を走る高速バス=豊岡市内
拡大
逆走したバスと同じ路線を走る高速バス=豊岡市内

 全但バス(兵庫県養父市)の運行する大阪発豊岡行きの高速バスが11月上旬、丹波市の舞鶴若狭自動車道の春日インターチェンジ(IC)付近で、高速道路上を約560メートルにわたってバックで逆走していたことが、4日分かった。兵庫県警高速隊は法令違反の疑いで捜査の可能性を示唆。全国で高速道路の逆走による死亡事故が相次いでおり、事態を把握後も公表しなかった同社の管理態勢も問われそうだ。(那谷享平、秋山亮太)

 同社によると、逆走が起きたのは11月3日午後8時40分ごろ。豊岡に向かう高速バスは、舞鶴若狭自動車道から春日ICで北近畿豊岡自動車道に入るはずだったが、そのまま舞鶴道を直進。乗客からの指摘で誤りに気付いた男性運転手(52)が車線左の路肩にバスを止め、同ICまでの約560メートルをバックで逆走した。事故はなく、当時8人いた乗客にけがはなかった。

 運転手からの報告はなく、同社は11月10日に匿名の連絡で把握した。運転手は勤続24年のベテランで、社内調査に対し「うっかりしていた」などと説明したという。同社は現在、運転手を乗務禁止処分にして、原因などを調査している。

 バスのドライブレコーダーには、バックで戻る車内の様子が写っていたという。路肩に停車後、バスはハザードランプを点滅させながらバックを開始。乗客たちは不安そうに後ろを見つめたり、すれ違う車を見送ったりしていた。逆走の間、11台の車とすれ違ったという。乗客の関係者によると、春日ICを通り過ぎた後、乗客の1人が運転手に「どこ行くんや」などと呼び掛けたという。「かなり長い距離をバックしたようだ」と話している。

 同社は「あってはならないこと。怖い思いをされた乗客の方々に申し訳ない。再発防止に向け社員教育を徹底する」としている。

 県警高速隊によると、車道左の路肩で、車の向きが正しくてもバックすれば、右側通行をしたことになるという。左側通行を定めた道路交通法違反となり、同高速隊は「今回のケースが事実であれば、捜査も必要となる」としている。

 舞鶴若狭自動車道を管理する西日本高速道路会社関西支社は、道路表示や啓発用映像などで逆走防止に力を入れており「逆走は大変危険。次のインターチェンジで降りて折り返すなどしてほしい」とコメントした。

総合の最新
もっと見る

天気(3月21日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ