総合総合sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、大会マスコットの選定で最終候補に残った3作品を公表した。東京都渋谷区立加計塚小学校で行われた発表会でカウントダウンの掛け声とともにお披露目されると、拍手と歓声が上がった。11日から来年2月22日まで、全国の小学校の各クラスに1票を与える投票を実施し、最多得票の採用作品が2月28日に発表される。

 組織委によると、大会マスコットを小学生が決める試みは五輪史上初。オープンな選考とともに、子どもたちに大会を身近に感じてもらう狙いがある。

 いずれも五輪用とパラリンピック用のマスコットが1体ずつの組み合わせ。候補「ア」は五輪、パラリンピックとも大会エンブレムで採用された日本伝統の市松模様が特徴のキャラクター。「イ」は五輪マスコットが福を呼ぶ招き猫とキツネ、パラリンピックは神社にあるこま犬をモデルにした。「ウ」は五輪がキツネ、パラリンピックがタヌキで、日本にゆかりのある動物をモチーフにした。

 発表会に出席した組織委マスコット審査会の宮田亮平座長(文化庁長官)は「さすが日本。世界に誇れるし、歴史に残る。これからはみんなが主役だ」と小学生に呼び掛けた。委員を務めたタレントの中川翔子さんは「キャラクター大国の日本だからこそ、どの作品も個性的で力強く、かわいいし、かっこいい」と期待した。

総合の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ