総合総合sougou

  • 印刷
「ライブが終わるまで年は明けない」と平松愛理さん=神戸市役所
拡大
「ライブが終わるまで年は明けない」と平松愛理さん=神戸市役所

 シンガー・ソングライター平松愛理さん(神戸市須磨区出身)が13日、神戸市役所で会見し、23回目となる阪神・淡路大震災復興支援ライブ「1・17KOBE MEETING」を来年1月13日に神戸・ポートアイランドのジーベックホールで開くと発表した。「風化させたくない思いを空や海まで届くように歌いたい」と語った。

 ライブは1997年に始まり、東日本大震災や熊本地震の被災地支援にも広がっている。昨年は収益金計約130万円を、震災遺児らの施設「神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)と「東北レインボーハウス」(仙台市)などに寄付。今回は新たに、宮城県山元町へ応援メッセージを届ける「黄色いハンカチプロジェクト」にも贈る。

 今年、中学・高校時代の恩師を亡くしたという平松さん。アマチュア時代の仲間とバンドを結成し「人とのつながりの尊さを感じた」。ライブでは「仲間」をテーマに歌うという。

 当日は山元町特産の生いちごジュースの販売も。午後4時開演。前売り4500円、当日5千円。神戸国際会館TEL078・231・8162

(松本寿美子)

総合の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 50%

  • 21℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ