総合 総合 sougou

時計2017/12/28 19:17神戸新聞NEXT

  • 印刷
切り口が笑顔に見える門松=小野市垂井町
拡大
切り口が笑顔に見える門松=小野市垂井町

 新年を彩る門松の出荷作業が、兵庫県小野市垂井町の「小野竹工芸土井」で最盛期を迎えている。切り口が人の笑顔に見えるように斜めに切るという5代目の土井賢一さん(69)。「3本が下から『ワッハッハ』と見えるでしょ。笑いは福を呼ぶからね」と招福のおまじない。

 土井さんの父親が1972年ごろ、竹工芸専門店の副業として始めた。稲わらを束ねた台に、丹波市などから仕入れた竹を3本ずつ立て、マツや自家栽培のハボタンで飾り付ける。

 現在は代表を務める息子の重毅さん(38)と家族5人で、注文の集中する年末を乗り切っている。今年は予約を受けた約100組に出荷する。(笠原次郎)

総合の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ